• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年03月27日 (木) | 編集 |
最近始めたクラフト材料が又増えてしまったので
性懲りもなく入れ物を確保しました。
丈夫な薄手のクラフト紙で作られたトレーを重ねたキャビネットです。
引き出しとしてだけでなく気軽に引っ張り出してトレーとして使えるので
やりかけの仕事が多い私にはとっても便利です。

140328503.jpg 140328504.jpg

深い引き出しが3段、浅いトレーが9段。
これでよく使うものにはアクセスが楽になりました。
よく使ってないじゃんヾ(^^*)
早いところラベルをつけないとまた行方不明者がたくさん出るよ〜(^^;∂
スポンサーサイト


2014年03月03日 (月) | 編集 |
今日は月一あるフェルトペット作りの教室の月曜日なので出かけてきました。
三回クラスの最終日です。
いつも作っている人形と違って半分立体の額装を作ることもできます。
額の深さが2.5㌢しか無いので厚みをつけすぎてしまうとぺたんこに押し付けられてしまいます。

一作目に作ったコルちゃんはちょっとペタンコ顔です。
コルちゃんの大きな肉球です。
芝生に寝転がっていたコルちゃんがモデルなので草もつけたそうか思案中。

140303319.jpg 140303320.jpg

二回めの教室でほぼ出来上がったので
自分で材料を揃えてビオラちゃんも作ってみました。
こちらもまだひげがついていません。

140303317.jpg 140303318.jpg

やはりピッコちゃんも作ってやるべきでしょうね。


2014年02月20日 (木) | 編集 |
去年から冬になるとウールフェルトを使ってちょこちょこ遊んでいます。

フェルトクラフトには大まかに分けて水フェルとニードルフェルトがあって
両方を組み合わせたり縫い合わせたり刺繍を施したりと
自由度が高いのが魅力です。

こちらはニードルフェルトでつくる人形つくりです。

一年ほどウールフェルトで作るリアルペットの教室に通っていますが
どうも毎回まじめに終わらせないので未だに未完成のものばかり増えて仕方がありません。
ニャンコってのはワンコの数倍難しいのですよね。
教室のほとんどの人が長毛種の犬を作ってます。
私はニャンコか短毛種の犬しか興味が無いので
時間がかかって仕方が無い(´ヘ`;)ハァ(手遅いですから)

で、気分転換に気楽にさせるキャラもので遊んでます。
まだ目鼻がついていませんが
今黒の子もチクチクしています(* ̄  ̄)v。

140220918.jpg



2012年02月18日 (土) | 編集 |
最大の課題だった運転免許の書き換えもすんでほっとしたところで
一寸した遊びを始めました。
ウールフェルトを使ったクラフト。

120220011.jpg 120220009.jpg

アメリカでも素敵な作品集など見ていたのでむずむずしていたのですが
他のクラフト材料の片付けもできていないので手を出さないでいました。
日本でも盛んになってきたようで良い材料店を近場に見つけて先ずは小さい物から作ってみました。


2012年01月23日 (月) | 編集 |
カトルナージュの手法で段ボール箱をリサイクルしてみました。
縦長はゴミ箱に浅箱はジャム瓶入れになりました。

120123924.jpg 120123925.jpg

120123927.jpg 120123929.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。