--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月25日 (土) | 編集 |
キッチン、バスの設備と 窓サッシ 等々見学するために
新宿へ出かけてきました。
新宿都庁周辺にシュールームがいくつか点在しています。

最初に寄ったのが新宿パークビルの中にあるリビングデザインセンターOZONE
まえからここに入っている”工房家具ギャラリー、匠の森”を覗いてみたいと思っていました。
写真はうっかり撮るのを忘れていました。
ほかに東京ガスのショールームもあるので
ガステーブル、オーブンも詳しく説明を受けてきました。
ガステーブルとグリルの機能はすばらしく進化していますね。
特にグリルのダッチオーブンを組み込んだワイドグリルは便利そうです。
今回お値段はあえて聞かなかったけれど高いんだろうな〜〜。

120825715.jpg 120825717.jpg

120825718.jpg 120825719.jpg

[続きを読む...]
スポンサーサイト


2012年08月18日 (土) | 編集 |
120818577.jpg 120818580.jpg


120818579.jpg 120818593.jpg

120818623.jpg 120818643.jpg


[続きを読む...]


2012年08月17日 (金) | 編集 |
山口工務店さんとの打ち合わせで北杜市の事務所を訪れました。
今日は曇りがちで山は見えていません。
用事が終わった後は前から気になっていた長坂 翁 達磨でお食事。
お店は長坂の駅の南側あまり行ったことがないエリアの上
ナビがなければとてもたどり着けない様な場所でした。
雑木林の庭が心地よく名前を告げて順番待ちの間も
心地よい風を楽しむことが出来ました。

120817573.jpg 120817564.jpg

ピクチャ−ウィンドーから雑木林の眺めが楽しめる一角に座りました。

120817567.jpg 120817572.jpg




[続きを読む...]


2012年08月15日 (水) | 編集 |
関東では最大面積のレンゲショウマの群生を誇る御岳山
天気は1日曇りで暑さがさほど酷くなりそうもないので出かけてきました。

青梅線御岳駅から西東京バスに乗り継ぎ御岳登山鉄道で御岳山駅へと向かいますが
早朝の靄に近くの人も霞んで見え無いほどでした。

120815249.jpg 120815253.jpg

御岳登山鉄道御岳山駅から徒歩5分、
富士峰園地の斜面にレンゲショウマの群落があります。
霧の中レンゲショウマの撮影には丁度良い雰囲気ですが
レンゲショウマの花自体はまだ一分咲きと言うところ。

120815256.jpg 120815260.jpg

丸いつぼみがたくさんついてまだこれからが見ごろのレンゲショウマ。
風鈴の様に愛らしい花を咲かせ始めているソバナ。
包が丁度ほころんで咲き始めのタマアジサイ。

120815268.jpg 120815325.jpg 120815534.jpg

[続きを読む...]


2012年08月10日 (金) | 編集 |
120810227.jpg

120810229.jpg

120810225.jpg







2012年08月08日 (水) | 編集 |
友人のところへ再びくーちゃんに会いに行ってきました。
子猫の内に写真をたくさん撮っておかないとね。
子猫はあっという間に見た目は大人になってしまいますから。

120808181.jpg 120808184.jpg 120808187.jpg

前回に遊んだとき
より主張が強くなって
思うように遊ませてもらえないといっちょ前に文句を言ってます。
でも何といっても軽量級、ヒョイと抱きかかえられると暴れないところは
ピッコの子猫の時よりずっと性格が穏やかで扱いやすい子猫です。

120808196.jpg 120808200.jpg 120808212.jpg

今ちょっと子猫の多方向から撮った写真がほしいのですわ。


2012年08月08日 (水) | 編集 |
今年はもう何回この野川公園に草花を観察にやってきたでしょうか?
国分寺崖線にそった観察園には豊かな森に守られて驚くほどたくさん野草が育っていて
手入れも行き届いているのでいつ来ても何か収穫があります。

又、来園者が植物を見つけやすいように様々な工夫をして
野草の展示をしてくれています。

今見頃の花、花が見られる草花、これから咲きます
と言うようにビジターセンター内に写真で展示、
観察園入口には大きなその時に咲いている草花の野草マップが展示されています。
センターでは全体地図と見られる花のリストが裏表に印刷された花便りも
もらうことが出来てこれを片手にいつも歩いています。

120808029.jpg 120808030.jpg 120808031.jpg

120808034.jpg

[続きを読む...]


2012年08月07日 (火) | 編集 |
夏やせをしたことがない私はそう食事に気を使わなくても
大丈夫なのですが、、、
こう暑いと食べるものはやはり冷たい物が多くなってしまいがち。
出来るだけ調理した暑いものを食べるようにしています。

残り物のレモンソーセージと野菜でドライカレーを作りました。
レタスの緑がアクセント、スイカと添えて。

120807692.jpg


2012年08月04日 (土) | 編集 |
今日はジムで運動した後に池袋の好日山荘で山道具とShirokumaさんの山靴を
仕入れる予定ででかけました。

駅前に手軽にタイ料理を食べさせてくれるところがあり
駅近くで昼時になってしまったときに便利に使ってます。

きしめんタイプのやきそばとトムヤンクン冷麺
さっと出てくるのが良いです。

120804687.jpg 120804688.jpg


2012年08月03日 (金) | 編集 |
多くの植物は特定の昆虫と手を結び、蜜を与えるかわりに花粉を運んでもらいますが、
花粉を媒介しない厄介な奴もいます。
八ヶ岳横岳の稜線で見られたコマクサはほとんどの花弁に穴が開いてしまっていました。
調べてみるとこれはオオマルハナバチ(B. hypocrita hypocrita)の仕業らしく
他のマルハナバチの体は小さく花の中に入り込めますが、
体の大きく中舌の短いオオマルハナバチは頭を入れても蜜を吸うことは出来ません。
そこで外花弁の基部に穴を開け、そこから口を差し込み蜜を吸っていくらしいのです。

120730730s.jpg 120730755s.jpg 120730740s.jpg

横岳のコマクサ群生で実際に吸蜜活動をしているハチを観察したのではないので
本当のところ誰が穴を開けているのかは分かりませんでした。

日本には15種のマルハナバチが生息しています。
日本のマルハナバチ図鑑を東北大学のサイトで見つけました。
北海道と本州で種の構成が異なり、また本州では、中部山岳地帯で多くの種がみられるようです。
マルハナバチは多くの植物にとって重要な送粉者です。
種によって吸蜜に用いる口器(中舌)の長さが異なり
中舌の長いナガマルハナバチ、トラマルハナバチなどは蜜源の深い花を、
中舌の短いクロマルハナバチ、オオマルハナバチなどは蜜源の浅い花を訪れる傾向があるそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。