• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月20日 (日) | 編集 |
エリスロニウム属は北半球に30種近く分布していますが、
北アメリカのエリスロニウム属はUSDA の Plant Databaseによると24種とされていて
日本及びヨーロッパの数種をのぞいたほとんどが北アメリカに集中しています。
USDA の Plant Databaseで24種の品種名、写真、分布域を見られます。

私が馴染みのあるエスロニウムは北米東部地域に広く分布する
White Trout Lily /white fawnlily (Erythronium albidum) と

White Trout Lily /Cardelock White Trout Lily /Cardelock White Trout Lily /Cardelock



Yellow Trout Lily/dogtooth violet (Erythronium americanum)の二種類です。

Yellow Trout-Lily/Cardelock  Yellow Trout-Lily/Cardelock   Yellow Trout-Lily/BillyGoatA  


()内は学名、英語の一般名称は / で並記しています。


英名は実に色々あります。
Dog Tooth Lily (犬歯状球根の形から)
Avalanche Lily (雪崩の意味)
Fawn lily (葉の班を子鹿の模様と見なして)
Glacier Lily (氷河の雪解け後に咲くから)
Trout Lily (葉の班をマスの模様と見なして)
Dog Tooth Violet (犬歯状球根の形から)


西部地域でもっとも広い分布域を持ちよく知られているのは
Glacier Lily/yellow avalanche-lily (Erythronium grandiflorum)でしょう。
私がアメリカで初めて出会った黄色のエスロニウムは
Glacier National Park の雪解け後の斜面で出会ったGlacier Lily でした。
雪が解けると共に黄色の絨毯が広がっていく様は見事でした。
今もはっきりその光景を思い出せます。

日本で近ごろ良く流通している黄色カタクリ'Pagoda'は
Erythronium tuolumnense x californicum と言う学名のハイブリッド品種です。
親品種は両種ともカリフォルニア州に自生しています。
アメリカのカタログでも黄色のエスロニウムはよく扱われていますが
流通名はDog-tooth Violetが昔から使われているようです。

この名前はヨーロッパでよく知られたエスロニウムの名前が
Dog-tooth Violetで欧米の人に馴染みがある名前だからでしょう。

リンネによって学名が命名された初のエスロニウムが
Dog-tooth Viole (Erythronium dens-canis) で紫がかったピンクの花を咲かせます。
この花は日本のカタクリに非常に近い種類だそうです。
ヨーロッパ産エスロニウムの写真をご覧下さい。
旧大陸産の数少ないエスロニウムは日本のカタクリと様子が近いですね。
日本のカタクリの方が魅力的に思えますが。


Erythroniumはギリシャ語で”赤い”を意味し、dens-canisは犬の歯のことです。
球根が犬の葉の形に似ていることから名付けられたようです。
次にエスロニウムの球根の写真をどうぞ

エスロニウム葉は発芽1年目に細い糸状の様な葉を付けます。
葉が2~3枚展開してからやっと花芽をあげます。
球根が花を咲かせられるだけの養分を蓄えるまでに7~8年もかかるようです。

エスロニウムの球根は分球することなく下に花芽がつくので
球根は深く潜っていくようです。

増やし方は分球か種まきですが
種から花を咲かせるのに7~8年はかかりますね。










コメント
この記事へのコメント
別ものですね
先日沢山のカタクリを見てきましたが
同属でも種が違うとこんなにイメージが変わるものなんですね~
白のカタクリはホント綺麗です。
日本でも簡単に入手できるようですが
現物を店頭で見たこと無いような・・・
今年は少し気にしつつ探してみよ~っと。
2008/04/23(Wed) 20:07 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
alchemilla さん
カタクリとエゾエンゴサクの競演はホントに見事でしたね。
あれだけのカタクリが咲いていればシロバナも見つかりそうな気がします。

日本で売られているシロバナカタクリというのは
もちろん品種として白なんでしょうから

北米原産の Giant white fawnlily(Erythronium oregonum)か White Trout Lily (Erythronium albidum)の可能性が強いですね。
2008/04/23(Wed) 22:48 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。