• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月05日 (月) | 編集 |
日本ではクレマチスの人気が高いのですね~。
二つもクレマチスの専門ナーサリーがでてきて
分類について詳しく説明してくれているのでとても勉強になりました。
やはり系統というのは原産地や植物学的な特徴だけではなくて
栽培する上で条件が似通った品種を系統立てた物なのですね。


春日井園芸センターではRHS(英国王立園芸協会)発行の
「クレマチスの登録と覧表」の分類を採用してます。
 
・モンタナ系
・テクセンシス系
・インテグリフォア系
・ヴィチセラ系
・アトラジェン系
・ヴィオルナ系
・シルホサ系
・アーマンディ系
・ヘラクレフォリア系
・タングティカ系
・フォステリ系
・フラミュラ系
・ヴィタルバ系
・日本の原種
・世界の原種
・早咲き大輪系
・遅咲き大輪系
・八重咲き大輪品種

Atragene(アトラジェン系)の説明は

アルピナ、マクロペタラ、コレアーナ、チサネンシスなどに属するか由来する園芸品種。
 春、古枝に花をつける旧枝咲き品種。その年に生育したシュートの先端にも単輪で開花します。花は一重か八重で下向き咲きの菊咲きのベル形。アルピナ、マクロペタラは日本では夏の暑さに弱く、東北・北海道地方などの冷涼な気候を好みます。



もう一か所、及川フラグリーンでは植物の生育特性、花の付き方、葉の形、原産地、
剪定方法などを考慮して、
17系統に分類しています。

◆01 Patens Group パテンス系
◆02 Patens Double Group パテンス八重系
◆03 Jackmanii Group ジャックマニー系
◆04 Florida Group フロリダ系
◆05 Atragene Group アトラゲネ系(アルピナ、マクロペタラ系)
◆06 Montana Group モンタナ系
◆07 Viticella Group ビチセラ系
◆08 Texensis, Viorna Group テキセンシス、ビオルナ系
◆09 Orientalis, Tangutica Group オリエンタリス、タングチカ系
◆10 Integrifolia Group インテグリフォリア系
◆11 Heracleifolia Group ヘラクレイフォリア系
◆12 Connata Group コンナータ系
◆13 Flammula Group フラミュラ系
◆14 Vitalba Group ビタルバ系
◆15 Cirrhosa Group シルホーサ系
◆16 Oceania Group オセアニア系
◆17 Bebaeanthera Group ベバエンセラ系(ハンショウヅル系)

問題のAtragene(アトラゲネ系)の説明は

深山ハンショウヅルや、アルピナ、
マクロペタラ(菊咲ハンショウヅル)を総称したグループです。
高山性の寒地向きの系統で、暑さや蒸れには要注意です。
前年枝の節々に多くの花をつけ、伸びた新梢にも花をつけます。
一重の半釣鐘形や、八重咲き(菊咲き)で、
横向きからやや下向きに開花する、
和紙のような柔らかな花が特徴的です。
洋種山野草のような味わいがあります。
花径はアルピナが3-4cm、マクロペタラは一回り大きく4-6cmあります。
無剪定の場合は一季咲きですが、弱剪定をすれば、弱い四季咲き性となります。


さあて、Atragene系はalpinas, chiisanensis, koreanas, macropetalasとそのハイブリッドと
最もいろんな原産地の物が突っ込まれた感の系統ですが
北米原産の物はないようです。
花びらの数はmacropetalas以外はみな4枚というのは共通点です。

alpinas  旧大陸の山岳地帯が原産地(と思われる)

macropetala  シベリア、モンゴル、中国が原産地

chiisanensis, 韓国

koreanas 韓国

ochotensis   alpinas の亜種として扱われている文献もあり。
       日本、中国、韓国、シベリア
       (ミヤマハンショウヅルを含む)
  
次のコラムでは
肝心のClematis occidentalis の分布などについてと
もともと”Atragene”とはどういう意味なのかと
言うことについて調べてみたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
最近 バラ並に クレマチスの花専用カタログが出て、
それを見ると 花期やタイプを分けるのに、こういう分類で書かれてたりするので、
私でも 少し耳に馴染みのある分類名となっております(^^ゞ
こうして羅列すると 17~8もあるんですねえ~!
花の需要と共に こういう分類も重要になるって事ですネ(シャレじゃないですヨ;)
アルピナの弱剪定 さっきalchemillaさんにも教えてもらいました♪
今年は インテグフォリアもちゃんと剪定して 秋に楽しめるようにしなくちゃっと^_^;

2008/05/07(Wed) 21:55 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
久々に
アップルさんの真骨頂を見た感じがしますね~(^^)
bbsの頃は何でも分からない事はアップルさん頼みでしたもんね~(笑)
2008/05/07(Wed) 23:52 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
o-chan
アメリカでもクレマチスは大人気です。
でもご多分に漏れずと~っても派手なのが人気が高く種類も少ないので
一般のナーサリーでは買う気も起こりません。
何だったか忘れてしまったクレマチス一つとインテグフォリアを、
今年は邪魔になりそうなので強剪定しても
すばらしく花を付けているのは
ラッキーなことに強剪定組だったのですね~(* ̄∇ ̄*)
私も秋の剪定を忘れないように覚えておきましょう。
2008/05/08(Thu) 08:43 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
alchemilla さん
一種の逃避ですねC= C= C= C=┌( ・_・)┘
お引っ越し準備なんてやりたくないもの(。><)
学生時代から試験前になると
何か凝った物を作り出すというのが得意でした(^◇^) ケケケ
2008/05/08(Thu) 09:48 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。