• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月28日 (水) | 編集 |
北海道人というサイトで

大原雅さん(北海道大学大学院 地球環境科学研究科 生態遺伝学講座 助教授)と言う方の
オオバナノエンレイソウに関するお話が出ていました。
エンレイソウもありんこが種を運ぶのだそうです。
他にもエンレイソウの寿命など興味深い話があります。


エンレイソウ属の植物は、世界中に45種類あるとされる。
そのなかで日本に自生するものは9種。
北海道はそのすべての種が自生するので、
研究者から「エンレイソウ王国」とよばれているそうです。
残りのほとんどが北米大陸にある分けですから
北米はエンレイソウ研究者にとっては
あこがれの土地だと聞いたことがあります。

あとこちらにいるのはわずかな年数ですが
私も出来る限りのエンレイソウの仲間を見たいと思います。


コメント
この記事へのコメント
そーです!そーです!
帰国してから もっと行っておけばよかった~;と思わない為にも、
せっせと トリリウム観察お願いしますよ~♪♪♪ウキウキ

45-9=36 。。。; ←全部見られそうな?大変そうな;微妙な数字ですね~(^^ゞ
ふふふ;楽しみです。
2008/06/01(Sun) 23:59 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
全部は無理!
中には普通には見られない希少種がかなり含まれているので
全部はとても無理ですね。
きっとアメリカの研究者でも全部を
観察することはできないでしょう。
NCで自生している品種が少し違うので2~3種類増えて
もし花の時期に旅行したとして
その地方の品種が見られたらもう少し増えるだけだと思います。
2008/06/02(Mon) 22:43 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。