• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月04日 (火) | 編集 |
何カ所か自然観察のお気に入りの場所ができて
North Carolinaにも親しみが出てきたこの頃です。
Virginiaと同じPiedmont に位置するNorth Carolina のこの地域は
もう何年も前から知っていたような気持ちにさえなっています。





前に住んでいたヴァージニア北部、Wasinton DCエリアに比べると
一層自然度が高いので街を出るとほとんどの土地は農地か森林になっています。
この辺りの伝統的な作物はタバコと綿花、牧畜なのですが
タバコも綿花も産業としては後退してほとんど見かけなくなっています。
新たな州の産業としてのリサーチパークが成功して
トライアングルリサーチエリアは人口も増え
豊かな環境の中で人々が暮らせる北米でも恵まれた土地だと思います。


先日Tabaco Rail Trailの直ぐ側の農地と松林が大きく切り開かれていました。
昔タバコ畑だったところも方々で住宅地や商業地にと転換されてきたのでしょう。

私自身も比較的近年に開発された住宅地に住んでいるので
自生植物や野性動物の住処だったところを間接的には奪っているのです。
それでも新たな住宅開発が目につくと勝手な物で
これ以上の開発が進まなければいいのになとつい思ってしまいます。

イギリスで始まったナショナルトラストの活動は
日本でも知られるようになって久しいですが
北米でももちろん色々な非営利団体が土地の買上や土地所有者からの寄贈により得た土地を運営しています。

オハイオ時代から私達もメンバーとして支援しているNature Conservasy などは
全米で各地で活動している大きな団体です。
一方もっと地域に密着した自然保護団体もあって、
最近見つけた Triangle Land Conservancyなどは
非常に狭い範囲に限られているので寄付のしがいもあるという物ですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。