• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月23日 (火) | 編集 |
アルケミラさんが目の健康のために最近手に入れたというアロニア、
私も視力が落ちてきているので気になるところです。
ちょいと調べてみると北米原産のブラックチョークベリー(Aronia melanocarpa)が
原種のようです。
USDAの記載によると
北米東部にはほぼ全域自生しているようです。
レッドチョークベリー(Aronia arbutifolia)は目立つので良く覚えているのですが
黒い実の方は覚えていません。

改良が進められたのはロシアのようで
北海道ではロシア産改良種(わせ種)を中心に北米種(晩生種)も栽培されているようです。


ポリフェノール成分が多く含まれているため
きっと舌に残る渋みと淡い苦味があるでしょうね。
やはりジュースやジャムの加工品で取ることになるのでしょうけれど
加工品になったときの甘さがなんとかならない物でしょうかね。

糖分が気になる人は栄養機能食品の形で取った方がよいのかな~?
アロニアの有用な成分は?

1、ポリフェノール(アントシアニン色素)がブルーベリーの約2倍
・抗酸化作用 <病気の原因にもなる、活性酸素を除去する作用に優れている>
・ロドプシンの再合成を促進 <目の網膜の光をとらえるとロドプシンという物質が分解されビタミンAになり、もう一度ロドプシンが再合成されるという循環が起きます。このロドプシンの生産能力を高め、目の疲労回復に有効です>
・美肌作用 <皮膚に含まれているコラーゲンどうしを結びつけ、その働きで肌の張りやツヤが良くなります>
                                      
2、B(ベーター)クリプトキサンチンが豊富
・皮膚ガンと大腸ガンの抑制効果 <発ガン性物質や活性酸素が正常な細胞を攻撃した時にBクリプトキサンチンが強力なバリアの役割をします>
                
3、B(ベーター)カロチンが豊富 
・ 粘膜を強化 <Bカロチンは体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは目の網膜や口、鼻などの粘膜、肌、髪、爪などの機能を保ちます>         
・抗酸化作用 <体が酸化されるのを防ぎ、生活習慣病の予防にも有効です>

4、食物繊維が多い
・整腸作用 <便秘解消や大腸ガンの予防に有効です>

(道立食品加工研究センター調べ)




コメント
この記事へのコメント
以前は
凄く気になっていた目のゴロゴロした感じが
アロニア+ボイセンベリーを取り始めてから気にならなくなったのよ~
どちらの効果なのか?それとも相乗効果なのかは分かりませんが
とにかくカナリ改善されましたよ。
手作りジャムなら甘みも加減できるのでは?
白糖じゃないお砂糖を使う事もできるしね。
私はジャムと言うより食べられる程度に加工したって感じです。
2008/11/14(Fri) 22:48 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
alchemilla さん
もう効果が出てきたのは嬉しいですね。
私の調べ方が悪いのかもしれませんが
生の果物としてはこちらではとんと見かけません。
日本のようにフレッシュな食品のメールオーダーというのは
普通にはありませんし。
たぶんサプリメントならあるのでしょうけれど
有効成分だけ抽出した栄養機能食品は
たとえ100%食品から作り出した物でも
その効き目は疑わしいなと最近考えています。
ボイセンベリーの方は苗木を手に入れられるところを見つけたので
植えてみようかな~と考えています。
植えられる様な日当たりの良いところを確保できればですが。
2008/11/15(Sat) 00:09 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。