• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月05日 (月) | 編集 |
今日も昨日に引きつづきPine Siskin が団体さんで押しかけて
バードフィーダー周辺を占領しています。

090105315.jpg 090105308.jpg

ニャンコ達も興奮気味ですが
Piccoloちゃん窓ガラスがあるのよ~~
カキカキしたい気持は分かるけれど、鳥さん達に迷惑だからね。

090104283.jpg 090104277.jpg


冬は探鳥にはいい季節なので
今年のネーチャートレイル歩き事始めは二日の探鳥地にしたわけなのですが
天気だけ良くて成果の方はさっぱりでした。
探鳥は花を探すよりももっと土地勘がないと
全く何にも出会えないと言うことにもなりかねません。

やはりベテランのいる探鳥会に参加するのが手っ取り早いと
地元の探鳥グループの情報を昨日から色々調べまくっています。

まず目についたのはCarolina Bird Clubと言う
ノースカロライナとサウスカロライナにまたがるクラブがありまして、
このサイトの写真がなかなか良いです。
ここのリンクで見つけただけでも十数カ所のローカルクラブがあるので
どれに参加するかがまた悩むところです。

この季節、ねらい目は水鳥になるので Coastal plain に点在する
National Wildlife Refuge が有望のようです。
でも家からちょっと遠いのですよね。
私達のエリアPiedmontにも沢山トレイルはあるのですが
何処も今一鳥に出会えないのは私の運のなさでしょうか?
つくづくサトチャンのワシントンDCエリアでの探鳥案内のありがたさが身にしみます。

先ずはWake Audubon などの会員になって Events Calendarに出ている
近場の探鳥会に出てみることから始めてみますか!

それよりも自宅のバードフィーダーウォッチングをこまめにするのが
一番成績が上がるのではないかと言う気もしています。


















コメント
この記事へのコメント
画像をアップで見て;;
驚きましたわ~~(笑)!!
特に右の芝生の画像はなんじゃらほい?とクリックしたら
ほぼ保護色のPine Siskinが わらわらいて ちょっと怖かったです^_^;
で、数えたら30羽!  ←ヒマっ;
でもお願いですから 佃煮にはしないで下さい<(_ _)>;

で、吊り下げ式のバードフィーダー ほんとによく出来た構造ですよね~!
ウチの地域じゃ 野鳥を見て楽しむっていう感性がかなり少ないらしく、
こういうフィーダー売ってるの なかなかみかけませんx

2009/01/11(Sun) 10:27 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
O-chan
ども鳥が来ても保護色になってしまって見えにくいので
バードフィーダーの下の芝生をはぎ取って
テラス化しようという計画が進行中です。

このタイプのバードフィーダーは進化しているんですよ。
リスよけ対策が年々グレードアップしていまして、
まず大きな金属籠の中にフィーダが入っていて
リスは中には入れないというのは標準仕様ですが
リスがのっかると振り回して落とす、
バンジージャンプのようにバネが働く、
フィーダーのエサ口が閉じてしまう等々
とあの手この手を講じています。
2009/01/12(Mon) 18:02 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
そ、その仕掛け;;
一度動画で見たいですわ~~(笑)

やっぱまだアメリカでは リスとの戦い続いてたんですね~^m^;;
2009/01/13(Tue) 10:09 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
相当小さな
サイズの小鳥ですね~
この網の目にはいれるサイズって日本のカラ類より相当ちいさいですよね?
それともこのフィーダーのサイズがアメリカンサイズ?(;^^A 
でもこれ、我が家ではカラス避けになんとか工夫で作ってみたいなぁ~
なんかちょっと考えてみよ~ッとワクワク♪
2009/01/13(Tue) 15:42 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
O-chan
一番手前にある大きなフィーダーがそのリスがのっかると振り回すというタイプの物なのですが
未だ振り回されているリスを見ておりません。
このとまり木の所までリスが手をかけられない状態なんですね。
位置を変えりゃ~良いだけなんですが
中味もなかなか補充しに行かないものぐさなんで
期待しないで画像待っていてい下さいm(_"_)m
2009/01/13(Tue) 23:42 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
alchemilla さん
スズメ級の小鳥になるとちょっと中にはいるのはきついかな?
小柄なフィンチとムシクイ類ミソサザイが中で和んでいますね。
alchemillaさんの創造力でできあがるフィーダーを楽しみにしています。
私も何か作りたいとは思っているのですが
何せ大工道具もきちんと整理されていない状態なので
ビス一つ付けるのにも時間がかかって仕方がありません。
2009/01/13(Tue) 23:47 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。