• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月18日 (水) | 編集 |
この地域に古くから住んでいた奥津家の屋敷跡が横浜市に寄付されて
「にいはる里山交流センター」として今年から一般に公開され始めたそうです。
江戸時代末期に建てられた屋敷は少し高台に長屋門、主家、土蔵を持ち
中は現在の生活に合わせて美しく改装されています。
新治市民の森を守る活動を行っている人達が集まる場所ともなっているとのこと。
私達もお邪魔して中を見学させてもらいました。

090127447.jpg 090127448.jpg

入ったところ直ぐにあったユーモラスな像
にいはるの森周辺の地形図

090127450.jpg 090127465.jpg

長屋門の二階は黒い柱がとても美しくモダンな感じに改装されています。
横浜の身近な自然を撮り続けている石井孝親さんの写真が展示されていました。

090127451.jpg 090127456.jpg

主家のお部屋も良い建築材がふんだんに使われて素敵な住まいでした。

090127457.jpg 090127460.jpg

特に気に入ったのはこの広い縁側。
お日様がたっぷりはいる縁側で猫とくつろげたらいいな~。
こんなお家が欲しくなりました。

090127467.jpg 090127463.jpg

回りの自然にも日本家屋はやはりしっくり馴染んで美しいです。

090127468.jpg 090127469.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。