• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月28日 (火) | 編集 |
そろそろ春の野草の花たちも咲き終わって地上部が無くなってきた物もあるので
引っ越しを急がないといけません。
先ずはブルーベルやデセントラたちを植え替え始めました。
花壇の土の配置もまだ最終段階になっていませんし
花壇の造作も考えながらの仕事なのでまだまだ力仕事があります。

二回のPCルームから今日の作業の後を見ると分かりますが
花壇の形を変えて左右の花壇が繋がっているような感じにしました。
土を運んでくれた人達がまっすぐに芝生を掘ってしまったので
まだ花壇エッジの線が不自然なので少しづつ直していくことにします。

090429864.jpg








松の木を目印に出来るように合間合間にそれぞれ一鉢ずつのブルーベルを
間隔を開けて植えつけていきます。
もうほとんど自力で立っていられる状態でないのでくたっとしていますが
球根はここで機嫌良く休眠してくれるよう祈ります。
奥から植え始めて手前に夏になっても地上部が残る物を植えていくつもりです。


090429796.jpg

それから衝動買いしてしまったアナベルの場所もさんざん悩みましたが
なるべく日陰をえらんで左側(南側)の花壇北側にしました。
ここが南からの強い日射しをあまり受けないで済む場所で
雨が降ると最後まで水がたまる場所でもあるので
ライトシェードに湿り気のある場所が好きなアナベルには好みでしょう。

090429798.jpg

今日は日射しも強かったので半日の庭仕事でかなり疲れ手のでここまで。
あしたはポッティングソイルやマルチを買いに出かける必要がありそうです。

090429800.jpg


コメント
この記事へのコメント
Re: 野草たちのお引っ越し
やっぱりね~
アップルさんが一度庭仕事を始めると段々壮大になっていくんだなぁ・・・
だって用土を買いに行って手ぶらで帰ってくるわけ無いし
そうなると又植え場所を増やさなくては(笑)
って、人のことは言えませんが(^^ゞ
見ていてワクワクしちゃいます♪
でも無理しないでね~もう相当暑いんでしょ?
2009/05/01(Fri) 22:46 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
2階から見た絵だと・・・
逆ひょっこりひょうたん島みたいだったんだけど、
寄ってみると、間くっついてないんですね~(^・^)
裏のお家との距離感も やっと実感しましたワ
で、松が多い林だから アナベルのチョイスはナイスですね~♪
夏 涼しげでリズム感のある丸い花が ポンポン咲いてくるといいですネ
と、春のナチュラルな野草が終わったら、
林の緑と勝負する ハッキリした大花咲いても 違和感なさそうですネ(*^。^*)

2009/05/02(Sat) 10:36 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
alchemilla さん
何せ一年間の勝負ですからね~
今年だけでなんとか野草ガーデンとして見られるお庭にしておきたいの。
次の日のナーサリー巡りは植物を積み込んだので土を入れる隙間は無し、
次の日に延ばすことにしました。
2009/05/04(Mon) 23:41 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
0-chan
ひょうたん島のように繋がってしまうと
裏の空き地に土を捨てに行く道が遠回りになってしまうので
ここは固い地面を残しておきたいところなのです。
でも大きくなる苗木を入れたので見た目は繋がってしまうかもしれませんね~
アナベルはアールウッドの森の木陰で咲いているのを長年見ていたので
どうしても自分の庭でも見たいと思っていた花木です。
これも原種は北米自生の木で山で良く見ているので
野草の庭にはふさわしい種だと思っています。
2009/05/04(Mon) 23:48 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。