• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月03日 (日) | 編集 |
朝食はホテルロビーの隣にあるダイニングでいただきました。
まだシーズンが始まったばかりでお客さんは少しだけ。
朝靄がただよっている山の景色を窓から眺めながら
定番のカントリーブレックファーストをいただきました。

090503428.jpg 090503415.jpg

090503424.jpg 090503425.jpg

庭のあちこちに置かれたバードフィーダーに鳥が行き来するのが良く見られましたが
一番せわしなく行ったり来たりしているのはこのチップモンク達。
もうこれ以上頬袋に詰め込めないでしょうにね~
私達の食事が終わってもまだやっていました。

090503420.jpg 090503419.jpg

ダイニングにかかっていたステンドグラス。
ブルーリッジの景色を描いたのでしょうね。

090503427.jpg 090503426.jpg



泊まった部屋からのお庭の眺め。
なだらかな丘がパークウエー側に落ちて道の向こうにはブルーリッジの山が見えています。
天気が良ければさぞ見晴らしがよいでしょう。

090503516.jpg 090503515.jpg

別棟近くにあった枝や蔦などだけで作られたパーゴラ。

090503529.jpg 090503532.jpg

柔らかいピンクのアザレアが雨露に濡れていました。

090503538.jpg 090503537.jpg

今日も雨模様なのでドライブウェー沿いの散策にすることにしました。
帰りは4時間はかかるので昼にはブルーリッジを離れたいところです。


コメント
この記事へのコメント
Re: Blue Ridge Parkway の旅/Crabtree Meadows Section 2日目
ダイニングの前には幾つ物フィーダーが並んでいるんですね(^^)
お食事しながらお食事風景を眺められるんですね。
それにしても風船みたいなチップモンクのほっぺた(笑)
こんなに餌が有るんだからそんなに入れなくても良さそうなのに、本能かしら?(^m^ )
アザレア越しの雲海、相当な標高なんですね(;^^A 
2009/05/07(Thu) 22:02 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
ねえねえ?
チップモンクって シッポが短いけどリスなんですか??
ここまで詰め込んで後どーすんでしょうね~(笑)
で、昨日のお宅の家の前にも咲いてましたが、
この薄いピンクのアザレア いいですね~(^・^)
日本じゃ こういう優しげな色で群生してるの あんまり見かけないから、とっても新鮮に感じました。
ここでの滞在 とってもゆったりと骨休めになったでしょうネ

2009/05/08(Fri) 00:28 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
山の上の庭
ここは3500feet(1100メートルくらい)の標高だったと思うのでそれほど高くはないんです。
日本では100メートル前後の標高に住みたいなと思っているので季節の進み具合はこんな感じでしょうか。
この朝の雲は山の雰囲気が出ていて快晴よりも良かったと思います。
ヴァージニアにいたときはシェナンドアは日帰りで帰ってこられる距離だったので泊まることがありませんでした。
今のよう山までかなりの距離だとかえって泊まりでゆっくり朝の景色も眺められるというものですね。
2009/05/10(Sun) 05:49 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
チップモンクは
日本にも生息するシマリス Tamias sibiricusの仲間で
Tamiasは世界で23種類いますが、大部分が北米に生息しています。
東部にはEastern Chipmunk (Tamias striatus)のみがいて残りは全部西側に生息しています。
リス属(Sciurus)とシマリス属(Tamias)は同じリス亜科に属しているので近いですが
同属ではないので生活習慣も違っているようです。
オハイオの庭ではこのEastern Chipmunk(25㎝前後)、Red Squirrel(30㎝前後)、Eastern Gray Squirrel(45㎝前後)と三種類居て賑やかだったのですがここではEastern Gray Squirrelしか見かけませんね~。

ピンクのアザレアは私も素敵な色だなと思いました。
御近所では色の強い物が好まれているようで、
たまに薄いピンクがあってもあまりピンと来ません。
このふわっとした色は山の中ならでは美しく見えるような気がします。
2009/05/11(Mon) 07:17 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
なるほど~!
ウチにやってくるニホンリスが こんな風にほっぺたを膨らませてるの見たこと無いから、
みんな危機感ないのかと思ってましたワ(笑)
で、驚いたのが リスたちの大きさ(@_@;)!!
ウチに来るニホンリスはせいぜい20cm前後なので、
アップルさんが見せてくれるリスたちも そんな感じで見てましたが、
これからは 3割増しでイメージしますわ~(^_^;)
2009/05/11(Mon) 07:49 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
動物の体高のはかり方
たぶん私が調べたスミソニアンのフィールドガイドサイトでは
全長(鼻先からしっぽの先までの直線距離)だと思うので大きな数字になっています。
それにしても灰色リスが45センチというのはでかいな~
シマリス属やジリス属には頬袋がありますがリス属にはないようですね。
2009/05/12(Tue) 00:33 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。