• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月08日 (月) | 編集 |
私の今の庭では夏が越せないので植えられませんが
English bluebellはやはり植えてみたいお花の一つと言うより原種を見てみたい野草の一つです。
ヴァージニアのMeadowLark Garden ではRoyal Fernの林に合わせてEnglish bluebellを見せていましたね。
でも園芸種なので背筋をしゃきっとして立っていました。

本国イギリスでは手厚く保護されていて自生地から堀あげることが禁止されているので
本物の原種を見たければやはりイギリスにその時期に行くしかないのでしょう。

何気なくUSDAの検索にHyacinthoidesをかけてみたら見事に出てきました。
それも園芸種ではなくて原種の特徴を見事に持っている写真もついています。
くるっと花びらの先がくるっとカールしている花がしなやかにたわむ茎に付いています。
本国から持ってきた花壇の花が逃げ出したのでしょうね。

English bluebell (Hyacinthoides non-scripta )

Hyacinthoides non-scripta Hyacinthoides non-scripta Hyacinthoides non-scripta 2


分布図を見ると Virginia でもいたようです。
ポトマック河畔では良くムスカリやスターオブベツレヘムなどを見かけましたが
English bluebell がいたら良かったのにな~。

園芸誌などでよく見かける English bluebell の群生写真の場所と思われる森も
出てきたのでご紹介しておきます。
COTON MANOR GARDENというヒストリックな建物も素敵な場所公開されているようです。
5エーカーものBluebell Wood に咲くEnglish bluebell見てみたいですね~。
Nurseryを見ているとイギリスにも住んでみたくなります。

English bluebell と混同されがちな Spanish bluebell (Hyacinthoides hispanica) もやはり帰化していました。
これもやはり Virginia にいたようです。

Hyacinthoides hispanica Hyacinthoides hispanica


コメント
この記事へのコメント
Re: 帰化していたEnglish bluebell
アメリカに移住してきた方たちにとっても母国イギリスの森で見ていたブルーベルへの思いは特別だったので
渡米後に同じ春の森に群生していたベル形のメルテンシアをVブルーベルと呼んだのでしょうね(^^)
Eブルーベルが特別な物ではなかった時には沢山アメリカに持ち込まれて
自宅で楽しんだ人も多いでしょうから気化植物となっているのも頷けますね。
>Nurseryを見ているとイギリスにも住んでみたくなります
これこれ、帰ってくるはずの人が遠くに行く事考えてどうする(;^^A 
いや、1~2年なら住んで欲しいかも←下心ミエミエ(爆)
2009/06/12(Fri) 20:04 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
alchemilla さん
ヴァージニアにいる頃にこのこと知っていたら探したのに~
植民地時代の人々の故郷とEブルーベルに対する懐かしさを思うと
Vブルーベルの眺めもちょっと違った物になってきますね。
イギリスに住めたらほんとに帰って来たくなくなるかもしれません。
でも残念ながらイギリスにはShirokumaさんの仕事は今のところ無いのだわ~
もし住めたら郊外の田舎家屋を手に入れるわo(^∇^)o
妄想するのはただですからね (* ̄∇ ̄*)
でも英国のガーデンツアーはいつかいっしょに行ってみたいですよね。
2009/06/13(Sat) 00:00 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
じゃあ私は スイスアルプスの麓に。。。
じいやばあやのいる別荘を 妄想しておきます(笑)

私も E.ブルーベルの検索して こんな広大な一面のブルーの画像を見つけて感動しました(*^。^*)
V.ブルーベルの林床のブルーを先に見させてもらってたので、
ますます 一面のブルーってものの神秘性を感じましたワ(エゾエンもそうですよネ)
で、思うにネズミに食われるのを心配してた私ですけど、
これほど増えるってことは その心配も無さそうだし、
ウチにあるのは ヒスパニカの方だけど、ちょっと増やしてみたくなりましたわ~(^◇^)
ああ~林がいっこ 欲しい~~!・・・妄想は続く・・・;
2009/06/14(Sun) 09:57 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
妄想も夢の内
ですから見続けましょうよ。
いろんなサイトで見かける写真はたぶん同じソースではないかと思うのですが
このブルー一面の林は木が大きいから下がすっきりしていて
なおさらブルーのお花畑が素敵に見えますよね。
Nature Journalの方に遊びに来てくれたけいさんのお庭には
見事なEnglish bluebell の群落がありますよ。

のせがわ(野迫川)で田舎暮らし
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/119553412.html
週末通いでハンドビルドのログハウスを建てすばらしい庭を作られています。
2009/06/15(Mon) 00:30 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。