• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月30日 (木) | 編集 |
朝一番でお食事に来たニホンリスと御挨拶。

090730460.jpg

090730452.jpg 090730446.jpg 090730445.jpg

私が泊めてもらった二階のロフトと言ってもとても広々しています。

090730469.jpg 090730454.jpg

たっぷりな朝食をいただいて私達も蓼科に向かって出かけたのでした。

090730481.jpg

木曽漆器のお店が並んでいる街道を通り向けてもらいました。

090730483.jpg 090730485.jpg

蓼科の駅に着いた頃はお天気が良く
八ヶ岳も雲にかかっているものの裾野が見えていました。
先ずは友人との待ち合わせ場所、有機栽培のお野菜を使った食事処へと早めに着きました。
外は暑いけれど外にしつらえた席は風が通り抜けて気持ちいい。

090730494.jpg 090730495.jpg

御近所の有機野菜農家の作物も販売されていました。
野菜中心のメニューは旅行中にとってもありがたいです。

090730496.jpg 090730497.jpg

蓼科のバラクラにもよってきました。
長雨のために痛んだ花が多くなっていましたが
丁寧な手入れがされているようです。

090730506.jpg 090730517.jpg

やはり森の中がほっとくつろげる場所になっていました。

090730532.jpg 090730533.jpg

今晩の宿泊は色々と評判の高い蓼科温泉ホテル親湯です。

このレストランスタイルは去年行った北海道の温泉宿でもとられていました。
最近の人気のある温泉宿の一つの流れになっているようですね。

090730314.jpg 090730315.jpg

季節によって変わるメニューはこの宿の最大の売りもののようです。

090730303.jpg 090730304.jpg

私達のお部屋はテラスがある三月亭でした。
前回o-chan達が泊まったときにその曲がり具合が微妙で笑えたという
スズラン亭への渡り廊下も後でのぞきに行っていきました。

オーナーこだわりの寝具。
お一人様2個の枕は硬い枕、軟らかい枕をご用意いたしました。抱き枕もご用意しております。 。
とのこと。
腰痛保ちの私は低反発マットの寝具が家のベッドと近かったのでなによりもありがたかったです。

090730313.jpg


コメント
この記事へのコメント
Re: 信州、八ヶ岳の旅2
アップルさんの所でこんな事書くのもなんですが(^^ゞ
O-chan、ごめん
素直な感想を書いていい?
日常的にO-chanちのフィーダーやバードハウスをO-chanに見せてもらってるんだけど
まるで印象が違うのにビックリですm(__)m
カメラの違いも大きいでしょう。が、構図が変わるとこうも印象が違うのか!と言う驚き。
だってこの画像、「信州の山の中の素敵なお庭」な~んてタイトルでビスに紹介されていそうな画像に見えます。
アップルさん
日常的に私達って贅沢な画像を楽しませてもらっている事に改めて感謝です。
バラクラも親湯さんもとっても綺麗に撮っているのが分かります。
私自身もとっても楽しい時間を過ごさせてもらった親湯さんも
外観も中もまるで違うホテルのように見えますもん。
人だけじゃなく土地や場所との一期一会を大切にしてるんですね。
2009/08/23(Sun) 15:21 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
だしょ~!!
やっぱ カメラってのは そこが奥深いのでありますよ~!
(完全に私の撮影技術は棚に上げてる;)笑;
本当に 同じところを見て周ってる私ですが、見ててずっと新鮮です^_^;

で、親湯ですが、alchemillaさんと泊まったお部屋は松竹梅の「梅」の部屋;;
今回はほぼ満室だったので、1部屋だけ空いてた「竹」の部屋にしたので、
ちょっと違って見えるかもしれません♪
でもalchedmillaさんと泊まった梅の部屋、
殆ど寝てなかったから あれはあれでよかったですワ(^◇^)
てなことで 私は初めて低反発のクッション体験したんですワ;

2009/08/23(Sun) 23:40 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
カメラの違いも大きい
そのとおりなんですね。
極端な言い方をすると
たぶん同じ所に立って同じ方向を切りとっても
o-chanのカメラと私のカメラでは違う構図になっていると思います。
何によるかというとレンズ径のちがいなんです。
いくら機能は電子的にコンパクトにできても
物理的なレンズの性能はどうしようもないんですね。

もし偉そうに撮影技術(テクニックと言うことでは知らないことばかりです)に関して言うとすると
撮影するときに対象物をどういう風に捉えているかという意識の違いが、
撮影された物の印象のちがいになるって事でしょうか。

意識の違いが何かって言うと
一つはo-chanにとって日常である景色を捉えるのと
久しぶりに訪れて私にとって珍しいものを撮るのとでは
対象に対する意識が大きく違うって事の表れです。

二つ目は被写体の取扱方の違いです。
対象物を森や花として考えるだけでなく
光りのかたまりとしてどれだけの存在感があるか
面と線のバランス、色彩、彩度、明度の散らばり方、などに気を配って
画面の構成要素としてその景色におもしろさがあるかどうかなどを
考えます。
誰でも多かれ少なかれその作業はしていると思うのですけれど
そう言う見方を意識的に繰り返し結果としての写真をチェックすると
画面の構図は違ってくると思います。
てここまで書いて自分の写真を眺めるとどうも恥ずかしいですな~(=^^=)

2009/08/24(Mon) 22:13 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
この写真撮った本人ですが
1ヶ月も経つと忘れてしまっていることが多くて
見ててずっと新鮮です(^○^)
旅行の直後何も覚えてないなんていう事も最近けっこう起きるので
こうやって画像で再記憶しておかないと何も残らないんじゃないかと?
私の写真の量はその危惧の裏返しですわ。

>殆ど寝てなかったから 
と言う二人の体力がうらやましい。
去年に比べても今回は体力がちょっと低下していたので
しっかり寝させていただきました。
2009/08/24(Mon) 22:22 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。