• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月19日 (土) | 編集 |
北米には秋に自生種の青い花が少ないのがちょっと淋しい。
秋に目立つのはキク科の黄色なんですね。
Blue mistflower は青と言うより紫系の花ですし
アスター類とリンドウ類が少しありますがリンドウは自生のものはなかなか出会えません。

バックヤードで咲いている青系の花を選んで見ました。
Blue mistflower (Conoclinium coelestinum) も花が開いて綺麗な色が見え始めました。
カリガネソウの園芸品種、Snow fairy Bluebeard (Caryopteris divaricata)も花を見せてくれました。

090920090.jpg 090920088.jpg 090908750.jpg

咲き戻りのPlumbago auriculata ’Imperial Blue’と
消えてしまっていたと思っていたSalvia guaraniticaを発見。

090904566.jpg 090901548.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。