• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月20日 (日) | 編集 |
去年手に入れたDurham市の地図を見ていて
バタフライの展示を行っているコンサバトリーが
Durham の Museum of Life & Science内にあることに気がつきました。
Durham市に住んでいるくせに街の中心部にはほとんど行く用事がないので
こんな博物館があることも知りませんでした。
もう夏も終わりですが蝶々を見に行ってみることに。
バタフライのリリースは2時からと言うことなので先に
館内の展示物や外の動物たちがいるエリアに行ってきました。
この博物館実にいろんな物が少しずつ展示されています。

動物園エリアには沼地になっている植生の場所に降りていきます。
右は熊の飼われている場所。

090920891.jpg 090920899.jpg

自然の地形や植生を活かした広い敷地に飼われている Black Bear 達は健康そうです。
池もあってのびのびと遊んでいました。

090920915.jpg 090920906.jpg 090920910.jpg


北米北部に分布している Gray Wolf (Canis lupus) とは違う種のRed Wolf(Canis rufus)
小柄で優しげな感じします。
North Carolina のコースタルエリアのごく一部に生息しているそうですが
絶滅危険種に指定されています。

090920925.jpg 090920928.jpg

マダガスカルに生息するキツネザルたちは研究者によって観察されているようです。
室内の Sanfords brown lemur (オス)と戸外にいた Ring-tailed Lemur

090920037.jpg 090920042.jpg 090920044.jpg

ファームエリアにいたヒツジ、ろば、ヤギやジャ-ジー種の牛

090920879.jpg 090920881.jpg

打楽器の展示らや園内を回る機関車の乗り物と

090920873.jpg 090920887.jpg

ハキリアリの展示はちょっと珍しい物でした。

090920868.jpg 090920869.jpg


コメント
この記事へのコメント
Re: Museum of Life & Science 1
新しいエントリーから見てきたのでここのクマもフェイクかと思ったら本物なんですね。
管理されているとはいえココのクマさん達は伸び伸びとしていて幸せそうですね(^^)
2009/09/24(Thu) 23:05 | URL  | alchemilla #LkZag.iM[ 編集]
やっと納得;
よくアメリカから送られてくるハプニング映像とか見てると、
家のすぐ横のハンモックなんかで熊が遊んでて、
それを悠長にアメリカ人が 撮影したりなんかしてるので、
「アメリカ人すげ~!」って思ってましたが、
ワタシがイメージしてたのはグリズリーなんかの恐ろしい奴で、
このクロクマさんは 可愛いクマなんですね~^_^;

つい最近 乗鞍岳山頂で ツキノワクマが暴れて、
人間はケガするし クマは撃ち殺されるしで、なんだか嫌な気分だったんですが;
こういう環境のクマさん見ると ホッとしましたわ(^・^)
それと 日本の動物園も 早くこういう感じに全部なればいいのにな~って思いましたワ
2009/09/25(Fri) 20:36 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
alchemilla さん
ここの熊たち、人間より広々としたところで暮らしているかも知れませんね。
一人もしくは一匹が活動できる物理的な空間というのはかなり精神に影響及ぼすでしょうね。
世界中でアジアの都市に住む人間が一番過酷な環境かも知れない(ーー;) 
2009/09/25(Fri) 22:22 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
O-chan
アジアのツキノワグマとアメリカのブラックベアーは近縁種のようです。
行動や食性も似ているようですね。
アメリカで国民的アイドルになっているこのブラックベアーは生息地域も広く
北部山岳の国立公園などでは比較的簡単に見られる動物です。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Map_black_bear_1.png
NCでは山岳部にはいなくて(残念だわ~)海岸地方に生息しているようです。
隣のテネシー州のグレートスモーキーマウンテンでは何回も見かけましたし
ヴァージニアのシェナンドアでも会う機会はけっこう多いようです。
ですからアメリカの国立公園でキャンプをするときは
食べ物をテントの中には置かないで高い場所にぶら下げるとか
必ずクマよけの対策をするよう注意されます。

日本では毎年熊による人身事故が後を絶ちませんね。
もちろん怪我をされた人達は気の毒ですが
必ず殺されて割に合わないのはクマの方なので後味も悪いです。
今年は山の作物は不作のようなのでこの後も心配です。
O-chanも気をつけてね~
2009/09/26(Sat) 00:39 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。