• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月10日 (木) | 編集 |
今日はカードにひと言書き添える作業を済ませてしまうつもりだったのに
夕方散歩に行ったUmstead State Park で思わぬ長時間を歩いたため
疲れちゃって半分も終わりませんでした。
PC脇で日本の古いドラマをYoutubeなど見ながら書いているせいかな?

091210746.jpg 091211747.jpg


でも作りたかったボロネーゼソーズはしっかり作りましたよ。
夕食には間に合わなかったのだけれどできあがりをつまんでみると
我ながら上出来!つまみ食いが後を引いてたまりませ~ん。

またもやさりげな~く牛挽きのパックの横に座って
チャンスをうかがっているヴィオラちゃん。

091210481.jpg

ボロネーゼのレシピ付きです。
ヴィオラちゃんも食べたかった”ボロネーゼ”の作り方

材料:牛挽肉             1Kg
    パンセッタ(ベーコンでも可)  100g
    ソフリット タマネギ1個、ニンジン2本、セロリ2本
    ビーフストック         2カップ (ヴイヨンでも可)
    クラッシュトマト(缶詰)    1200g
    赤ワイン            2カップ
    にんにく            3かけ
    オリーブオイル         大さじ3
    ベイリーフ           2~3枚
    イタリアンハーブ        適宜

作り方:1.大きめのホーロー鍋でパンセッタのみじん切りをよく炒め油をだし
      やはりみじん切りにしたソフリットの材料を入れよく炒める。
     2.良く熱したフライパンにオリーブオイルを入れ牛肉の旨みを封じ込めるようにじっくり炒る。
     3.ホーロー鍋のソフリットに炒めた牛挽肉、ビーフストック、クラッシュトマト、
      ベイリーフ、このみのハーブを入中火で煮る。
      熱くなったら弱火にして野菜の旨みが溶け出し好みのとろみになるまで蓋をして煮詰める。

091210744.jpg 091210483.jpg

私はこくを出すためにパンセッタ(オプションです)を入れソフリットも多めですが、
ソフリットは半量ぐらいしに赤ワインをもっと入れるとかなり強い香りで大人の味。
キノコ(干し椎茸でもいける)を入れるレシピも有ります。

ジップロックなどに入れ冷凍にすると好きなときに食べられ便利ですよ。
二人分X4袋ほどできました。
クラッシュトマトは日本ではトマトピュレーで売られている物に近いです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。