• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月22日 (土) | 編集 |
ちょうど二ヶ月前にも訪れた Sewee Visitor & Environmental Education Center で
ワイルドフラワーに関するレクチャーとウォーキングがあったので参加しました。

講師は Dr. Richard Porcher(Field Botanist)大学を退職なさった植物学の教授です。
講義の内容はワイルドフラワーだけに留まらず
スライドを使いちょっとした地方の地理や歴史、植物の民間利用にまで及びました。
メモを取りながら聞けたので後で調べ物が増えちゃいそうです。

100522581.jpg 100522627.jpg 100522594.jpg


お昼から二時間ほど歩き解散後帰り道のドライブ途中で見つけた花を撮して
けっこうな量の花を見ることができました。
今日一日で見たお花のダイジェストです。
詳しい名前などは後ほどNature Jarnalにアップします。

100522512.jpg 100522568.jpg 100522533.jpg

100522570.jpg 100522577.jpg 100522644.jpg

100522561.jpg 100522518.jpg 100522701.jpg

100522641.jpg 100522703.jpg 100522673.jpg

100522739.jpg 100522753.jpg 100522731.jpg

100522757.jpg 100522658.jpg 100522746.jpg

100522552.jpg 100522514.jpg 100522551.jpg

100522494.jpg 100522500.jpg 100522503.jpg
5/22

Richard Porcher returns to Sewee Visitor Center for a program on
wildflowers of Francis Marion National Forest. Following the talk, Dr. Porcher will
lead a wildflower discovery and identification walk in the Forest. Also available for
purchase is “A Guide to the Wildflowers of South Carolina”, co-authored by Richard D.
Porcher and Douglas A. Rayner. Quote the author: “May (this book) bring students of
botany countless years of pleasure”. This is a free lecture and is open to all. However,
the walk is limited in number. Please call to register for the walk: 928-3368. Free


Thickleaf phlox (Phlox carolina)


コメント
この記事へのコメント
凄い量ですね~
毒々しいのから良い香りが漂ってきそうなものから
とっても好みの色など随分一日でたくさんのお花が観られた物ですね。
とても充実した一日だった事でしょう(*^_^*)
2010/05/27(Thu) 18:13 | URL  | alchemilla #-[ 編集]
キャー!
アップルさん、
すご~い、あたしたちの見逃した憧れの花を全部見てる~~~!
Colic-Rootでしょ~、Blunt-Leaved Milkweedでしょ~、
Spreading Pogoniaでしょ~、Horse-Mintでしょ~。
良いなあ、良いなあ、NCって素敵な花が一杯!!
もうちょっと長くお住まいになるってことは、え~っと、無理ですよね~。場所を覚えてもらって来年遊びに行きたい~~~!!
残念じゃ~~~!(って他人事だと思ってぇ)
2010/05/27(Thu) 21:27 | URL  | 花ママ #fSBV5wug[ 編集]
alchemilla さん
見た花をとりあえず一枚ずつあげていったら
この枚数になっていて自分でもビックリ。
やはりフラワーウォークに参加すると花を探す手間がぐんと少なくなって効率的ですね。
最も半分は解散後に見た花ですが。
このエリアの植生はとっても特徴的で多岐に渡っているので
植物に関係している人にとっては興味が尽きない場所でしょう。
2010/05/28(Fri) 20:24 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
花ママさん
さすがというか、名前全部分かっちゃていますね~。
でもどうしてBlunt-Leaved Milkweed(Asclepias amplexicaulis) まで分かったの~?
この写真は葉が写っていないのに~!
私はここに来て見るまで名前すら知りませんでしたわ。
分かったのも帰ってから調べまくりで見つけたんですけれどね。
で、まだ分からない花がいくつかあります。
この赤い派手なロニセラのような花、何でしょうね?
道路際ににょっと生えていたんですよ。
蔓生ではなくて背の高い草本です。

あ、ところでここはNCではなくてSCの海岸沿い古い港町Charlestonの北側です。
ほんとはもっと他にもグラスピンクなど見られるはずだったんですけれど
詳しい情報を持っていくのを忘れてしまって始めに見たいと思っていた物は逃しているんですよね~Σ( ̄□ ̄;
無念!
2010/05/28(Fri) 21:27 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。