• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月04日 (日) | 編集 |
昔友人と行ったことがある小金井の江戸東京たてもの園に遊びに行ってきました。
天気はこれ以上望むべくもない程に晴れて気持の良い1日でした。
建物は一つ一つ丁寧に見たので前に来たときよりもどれも印象に残るものになりました。
ここではとりあえずすばらしかった紅葉の様子をあげておきます。

江戸東京たてもの園は小金井公園の直ぐお隣なので
車は公園の有料駐車場に止めました。
広々とした場所にどっしりとした雑木の林が育っている風景はうらやましいです。
この辺りの住人は環境に恵まれていますね。
武蔵野台地の紅葉は赤い紅葉よりも何といってもケヤキやミズキなどの黄色に色付く木々達が主役だと思います。
自然の雑木林ではカエデはさほど多くありませんが植栽に人の手の入った公園の中には
美しく色付くカエデが造園のポイントになってきます。

111204650.jpg 111204657.jpg

111204001.jpg 111204683.jpg 111204700.jpg


やはりこんな風な大木のケヤキ類は残さなくてはいけません。

111204851.jpg 111204852.jpg 111204856.jpg

木造の建物にケヤキの黄葉がしっくり馴染みます。
建物の中から窓を通してみた紅葉は格別に美しく感じます。

111204887.jpg 111204955.jpg

サクラの葉の変わっていく様も見飽きない色で好きです。

111204703.jpg 111204704.jpg




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。