• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月05日 (木) | 編集 |
昨日とうって変わって金沢周辺はよい天気で青空が広がっていました。

120105246.jpg 120105244.jpg

山岳部に近づくにつれて雪景色が広がり
あっという間に雪の降りも激しくなっていきました。

120105250.jpg 120105251.jpg

最初に寄ったのは石川県側の五箇山管沼合掌造り集落で
世界遺産の合掌集落の中では一番こぢんまりとしていますが
目立つ観光施設もなく昔のままの生活が一番普通に残っている地域とも言えます。
村への出入りは外で車を降りてもらうためにエレベーターを使い地下道を通っていきます。
地下道から出ると幻想的な雪景色が広がっています。

120105253.jpg 120105257.jpg

庄川沿いの管沼集落には現在9戸の合掌造りの家屋が残って
中では普通の生活がされています。

120105271.jpg 120105279.jpg 120105303.jpg

集落の中にあったお店、これでも営業中です。

120105283.jpg 120105308.jpg

大きなこぶしの木には花芽がいっぱい付いています。

120105314.jpg 120105320.jpg

管沼集落の家屋の一つを五箇山民俗館として公開しています。

120105360.jpg 120105374.jpg

120105387.jpg 120105388.jpg

ここからは五箇山相倉合掌造り集落

120105389.jpg

120105396.jpg 120105401.jpg

120105409.jpg 120105425.jpg 120105430.jpg

120105433.jpg 120105470.jpg

120105450.jpg 120105460.jpg


道の駅で美味しそうな蕎麦屋さんを見つけました。

120105483.jpg 120105484.jpg

120105489.jpg 120105490.jpg

昼食後は岐阜県に入り白川郷の合掌造り集落を訪れました。
こちらはさすがに名前の知られた世界的な観光地で、
外国人のお客さんもちらほら見うけられました。
有料駐車場に車を止めて散策です。

120105500.jpg 120105512.jpg

120105518.jpg 120105520.jpg

120105533.jpg 120105538.jpg

屋根の雪が自重でうねりを作り、
時に一時に落ちておもしろい模様を作ります。
屋根の雪の残り具合が皆違い占いが出来そう。

120105550.jpg 120105554.jpg

120105562.jpg

120105566.jpg 120105567.jpg 120105569.jpg

一番大きな合掌造りは民俗資料館として古い農具や生活用具が展示されていました。
いろりの周りには自然と人が集まってきます。

120105586.jpg 120105589.jpg

120105592.jpg 120105595.jpg

120105604.jpg
120105613.jpg 120105618.jpg

120105629.jpg 120105633.jpg

村の目抜き通りには観光客用のお店が幾つもあって

120105634.jpg 120105636.jpg

古い家の中から車がのぞいていたり
30年以上も前に訪れたときには考えも付かなかった光景でした。

120105637.jpg 120105639.jpg

暖かい食べ物も手に入ります。
甘酒と牛マンをいただきました。

120105641.jpg 120105642.jpg

最後に集落を見下ろせる丘の上空の眺めです。
日暮れが迫っている合掌造りの村に別れを告げて金沢の街に帰りました。

120105661.jpg 120105659.jpg

120105662.jpg 120105653.jpg

夜は金沢の蟹を食べさせてくれる店で蟹三昧でした。

120105855.jpg 120105835.jpg

120105837.jpg 120105849.jpg


コメント
この記事へのコメント
へええ~~;;
いつか一度行ってみたい白川郷&金沢ですが、
白川郷の入口って こんなことになってるんですネ! 知らなかったです。
確かに あの集落の写真を見た時に、大型駐車場がないな~って思ってたんですが、
トンネルを抜けて この風景があるっていうのは色んな意味で感動しますネ

で、金沢での散策は絵になりますネ 料理もとっても美味しそう♪
雪がものすごく多く降る前にお出かけして ナイスタイミングでしたネ(*^^)v
2012/02/24(Fri) 08:46 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
入口がエレベーター&トンネルになっていたのは五箇山の最初に行った集落の方です。
一番有名な白川郷の集落には駐車場が方々に設けてあって周りにはおみやげ物やさんやお食事処があり地元の人の収入源になっています。
昔訪れたときにはそう言うものがいっさい無かったと記憶しているので
観光地として賑わっている集落の様子は一瞬引いてしまいました。
勝手な思い入れなのですけれどね。
歴史的な遺産を維持していこうと思ったらこのぐらいの変化はまだ良い事例の方なのでしょう。

本当に静かな風景は最初の五箇山、管沼集落で味わえます。
白川郷を訪れる機会があったら是非寄ってみて下さい。
2012/02/24(Fri) 09:30 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
行くなら
絶対に秋か冬がいいわね~(^^)
凄い素敵!!!
北海道も雪国だけど北海道とは異質の雪国って感じ。
コレだけの雪が降ると住んでいる方はもちろん大変だろうけれど
なんて言うか日本人としてみておきたい風景と言うか
身をおいてみたい風景だわ~
2012/02/26(Sun) 01:26 | URL  | alchemilla #-[ 編集]
今ごろ
全てが雪に埋もれてしまっているのではないかと心配しています。
日本海側の気候は久しぶりに体験したのですがまったく異質だという感を強くしました。
それでもほぼ全ての日本人が郷愁を感じる風景なのではないかしら?
不思議ですよね。
雪の深いところへは雪の深い季節に行くのが風土への理解が一番深まると思います。
2012/02/27(Mon) 10:45 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。