• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月26日 (日) | 編集 |
一月に予約をしておいた八ヶ岳倶楽部の野鳥撮影講座 に行ってきました。

野鳥写真家若尾親さんから30分ほどのレクチャーを受けた後
八ヶ岳倶楽部の林に散って思い思いの写真を撮り
お昼を挟んでの品評会です.

クラブのテラスにはあちこちにバードフィーダーが仕掛けてあり
撮影スポットがたくさん。
短距離のレンズの人は室内から野鳥を狙うのが確実のようです。
でも窓ガラスが一寸汚れていて拭いておいて欲しかった。

120226423.jpg 120226486.jpg
ギャラリーに入る入口の屋根が赤いバードフィーダーは恰好のスポット。
慎吾さんがここで飛んだ瞬間の羽根を広げたシジュウカラやカワラヒワの素敵な写真をゲット。
私のカメラでは明るさ足らずで飛んでいる鳥は止まってくれません。

120226568.jpg 120226571.jpg

私はこのところカメラの具合が思わしくなく思うように撮れませんでしたが
参考になる話もたくさんお聞きすることが出来楽しい時間があっという間に過ぎました。
スタッフの方がプリントしてくれた写真を見ながら鳥の話に花が咲きます。

120226597.jpg 120226600c.jpg

野鳥の会会長(柳生博さん)によると
今年各支部から冬鳥がとんと渡ってきていないとの報告が相継いでいるそうです。
そう言えば去年はよく見かけたツグミン今年は一羽も見かけていませんでした。
ここでも今日見かけたツグミはたった一羽、アトリが二三羽シメは声すら聞いていません。
どうも群で渡ってきている冬鳥が来なかったようです。
40年来の渡りの少なさのようです。
この時期にはもうすっかり食べ尽くされている小鳥たちの好みの木の実も
ほとんど残っているとのことでした。
繁殖地での餌が充分あったために渡る必要がなかったのでしょうか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。