• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月20日 (木) | 編集 |
東久留米の里道-南町・南沢の雑木林を巡る道を参考にいつか南町緑地まで脚を伸ばしてみたい。

武蔵野の雑木林は、江戸時代に不毛の武蔵野台地に玉川上水が開削され、
それによって新田開発にのりだした農民達が薪炭・肥料の供給源として作り上げた人工林なのである。
コナラ、クヌギ、イヌシデ、アカシデ、エゴノキなどの落葉林は
自然と見事に調和し武蔵野の風物詩として讃えられてきた。

東京都環境保全局が推進している『雑木林の道』事業

『里のみち 南沢・南町コース』
道順は西武新宿線田無駅を出発し、橋場で東京街道に入る。多摩六都科学館を経由して新青梅街道から柳新田通りに入る。ここより南町緑地の雑木林の中を抜け、畑道を通って南沢緑地(落合川水源)へ。続いて氷川神社、多聞寺を経て落合川水辺の道を辿る。終盤は竹林公園を訪ねて終着点の西武池袋線東久留米駅へ至るものとする。


多摩のジョギング道は多摩の景色を探るのに参考になりそうなサイトです。

昔々の多摩話なんてのもおもしろそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。