• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月14日 (土) | 編集 |
八ヶ岳方面へ遊びに行く予定だったのですけれど
不安定な天気の上猛暑になりそうな予報に予定を変えてしまいました。

クマさんが何もない休みの日に行きたいと言っていたツインリンク茂木に遊びに行く事に。
ツインリンク茂木はレースが開催されていないと
モビリティテーマパークなのでどちらかというと子供のいる家族向け。
私達が向かうのは”Honda Collection Hall”でホンダの歴代の車製品を見たいってこと。
で新しい車でお出かけしてきました。

120714450 120714452.jpg

Honda Collection Hallには収集、復元された二輪、四輪、汎用製品、
そしてレーシングマシンなど約350台を展示されています。
エントランスにはホンダの初代レーシングカー、乗用車、自動二輪が展示されています。

手前は市販車
1963 / ホンダ S500 [4輪 / 市販車]
1958 / ホンダ スーパーカブ C100 [2輪 / 市販車]
奥はレーシング用
1964 / ホンダ RA271 [4輪 / レーサー]
1959 / ホンダ RC142 [2輪 / レーサー]

120714454.jpg 120714456.jpg

一階には環境へのHondaの取組みを展示したコーナーと、
人間のパートナーになれるロボットを目指して開発されているASIMOの展示。

実験に使われていた実機ロボットの展示では
今まで見た事がない開発途中のASIMOの姿も見られました。
始めは足の部分だけだったんですね〜。

120714463.jpg 120714464.jpg

左:P4、運動機能を向上させた実験モデル。
    全高1,600mm 重量80kg
右:2000 ASIMO
  自由自在な移動や作業を行うのに適切なサイズや重量、操作性を実現。
  全高1,200mm 重量52kg

120714465.jpg 120714466.jpg

ASIMOスーパーライブ&U3-Xデモンストレーション も行われたいました。
ASIMOは「歩行」だけでなく、ドリンクを運んだりボールを蹴ったり、踊ったり多彩な機能を見せてくれます。
走るのも期待していたのですがそれはありませんでした。
どことなく剽軽な動きで人間らしいスムーズな動きでした。
”モビリティ U3-X”はASIMOの「バランスをとる」技術から生まれた新しいモビリティーツール

120714484.jpg 120714486.jpg 120714491.jpg

2階 2輪市販車 4輪市販車

120714469.jpg 120714472.jpg

120714553.jpg 120714556.jpg

3階 2輪レース車 4輪レース車
ここはガイドツアーに参加して説明してもらいました。
もちろんその後たっぷり写真を撮りに帰りましたが。

120714533.jpg 120714538.jpg


追加の写真、RA272とRA300です。 (7/25)
app.mobilityland ra272.co.jp 1207145303s.jpg

120714546.jpg 120714547.jpg

お昼のお弁当を広げるために外に出たついでに
モビパークファンラボ内にあるスカイドリームでホンダジェットを見学。
ホンダの一番新しいチャレンジ部門です。
まだ展示物は少ないですが将来どんな製品が加わっていくのでしょう?

120714503.jpg 120714512.jpg


120714505.jpg 120714504.jpg

レースコースでは耐久レースの予選会が行われていました。

120714515.jpg 120714516.jpg

ツインリンク茂木はレースコースのため騒音や車の渋滞を考慮して
かなり山里深くに建設されました。
周りの自然度はかなり高いので自然遊歩道やアスレチックコースもあるそうです。
その入口にあるキャンプ場わきのガゼボでお弁当にしました。

120714501.jpg 120714526.jpg

丸太となえ木を植えた苔玉で出来ている人型オブジェ。
わたしも作ってみたいですね。

120714502.jpg 120714530.jpg





コメント
この記事へのコメント
F1マシンRA271!?
リッチー・ギンサーが1965年、これと同じ1.5LでHONDAに初優勝もたらしたんだよなぁ~♪
ジョン・サーティースの方が有名だけど、ギンサー無くしてHONDAは語れない!(笑)
2012/07/24(Tue) 22:49 | URL  | going-kyo #BJyO67h.[ 編集]
going-kyo さん
そうそう、1964年ホンダ初のレーシングカーRA271です。
この頃の車は全然知りませんがこの時代に世界に打って出たホンダの勢いはすごいですね。

私には1990年代のマクラーレン ホンダに乗ったセナの活躍が一番印象的です。
現地でF1の音聞いていますから。
2012/07/25(Wed) 18:41 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
ちょっと訂正
ファンファンラボにあった飛行機は現在の“Honda Jet”ではなく、その前身に当たるMH02と言う機体で、1990年代初めにアメリカのミシシッピー大学と共同で開発された実験機です。 さすがに実験機らしく前進翼、高翼アッパーマウントエンジン、主要構造体はカーボンコンポジットと先進技術満載でした。
2012/07/25(Wed) 21:15 | URL  | Shirokuma #-[ 編集]
ちょっと追加
going-kyoさん、お久しぶりです。
HondaのF1第一期をご存じの方はあまりいらっしゃらないですよね。  リッチーギンサーの優勝した272の写真を追加しておきます。   ついでに第一期の最後の優勝車、サーティースの乗ったRA300も。  私自身、当時のF1は、新聞ぐらいでしか知りませんでしたが、プリンス時代のスカGやR380、滝レーシングのポルシェカレラ6なんかが競っていた日本グランプリを夢中で見てました。  
2012/07/25(Wed) 22:05 | URL  | Shirokuma #-[ 編集]
Shirokumaさん、ご無沙汰いたしております。
懐かしい話が。。。^^;
日本GPXでのR380の高橋国光、カレラの生沢徹の攻防思い出します。
国光さん、その前はHONDAの2輪に乗っていましたよね。
この辺は詳しくないけど。。。

ピケ、マンセルのキャノン・ウイリアムズ・ホンダ時代からファンで、今もCanonWilliamsのキャップ被って撮影することありますよ。
プロスト、セナ時代のマクラーレン・ホンダの頃はF1オタクでしたわ。(笑)

2012/07/26(Thu) 00:40 | URL  | going-kyo #BJyO67h.[ 編集]
going-kyoさん
CanonWilliamsとかマクラーレンの時の
スポンサーのロゴが格好良かったですよね。
ターゲット(高級感がないマーケット)のマークが入ったF1の車体は情けなかったですわ〜。

F1やインディーのレースは何回か行きましたけれど、
ずっと会場にいると決まって騒音で頭痛がしてきて困りました。
一番の楽しみはレモンが丸ごと入ったレモネード!!
2012/07/29(Sun) 00:22 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。