• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月10日 (水) | 編集 |
ただいま東京では都市緑化フェアと言う催し物が別れた会場で行われていまして
その会場の一つ井の頭恩賜公園会場に行ってきました。

ジブリ美術館のお隣の敷地です。

入口広場に入るとカランコロンと軽やかな音が楽しそうに聞こえてきました。
高いポールの上で竹で出来た風車のような仕掛が回って音を出しているのです。

121010573.jpg 121010576.jpg


食べられるみどり(エディブルグリーン)による都市緑化の新たなランドスケープを、
コンテナ植栽、壁面緑化、屋上緑化技術等を活用し提案した”食の庭”。
デザイン的におもしろかったけれど実際には食べられる植物は少なかったのになぜ食の庭なんでしょ?

121010577.jpg 121010580.jpg

121010582.jpg 121010589.jpg

都市ではこの方法よく見かけるようになりました。
プランターを間近に見てみたかったので良い機会でした。

121010591.jpg 121010592.jpg

大温室の天井から下がるハンギングバスケットは迫力満点
花鳥園という観光植物園からの出展でした。
梟や鷹の飛行ショーもあるそうでちょっと興味有り。

121010594.jpg 121010595.jpg
他にも食の庭、癒しの庭、実の庭、月の庭などテーマガーデンが並びます。
どれがどれだったのか写真を見てもあまり分かっていないのですが、、、
左は雑木林の風景を取り入れた住宅の庭。
右は”香りの庭”だったかしら?

121010599.jpg 121010602.jpg

お散歩するワンちゃん達が目立っていました。

121010607.jpg 121010608.jpg

121010610.jpg 121010614.jpg

背の高い切り倒されたうろのある木を中心に植栽を展開しています。
これなんかおもしろそうなアイデアですね。
山荘の土地には切りたい松の木が何本かあるのですが
目立つように残して庭のオブジェとして生かせないか考えてみましょう。

121010622.jpg 121010629.jpg 121010631.jpg

ガーデングッズと苗を扱っているお店の出品です。
最近はガーデニングと雑貨好みが同義語になっているお店もあるようです。
ガーデニングの本なのだか雑貨コレクターの本なのか分からない雑誌も出てますね〜。

121010634.jpg 121010635.jpg

ハンモックはぜひまた庭に欲しいアイテムです。
フレームなしでもハンモックを下げられるシラカバを確認してあります。

121010628.jpg 121010636.jpg

一番興味深かったのは農業系高校の生徒達が作ったクラインガルテンの庭かしら?
こういう展示は造作に夢中になって作物の方はあまり元気がないなんてことが多いのですが
さすがに農業系の学校しっかり作物も育っていました。

121010640.jpg 121010641.jpg

ガーデンハウスも手作り感あふれる物でした。
色々参考になることも多かったです。

121010642.jpg 121010644.jpg

121010649.jpg 121010643.jpg

キッズエリアの木材のかんなくずで遊ぶ子ども達
まじって木の香りをかいでみたかったけれど大人一人ではなかなか近づけないエリアです。

121010650.jpg 121010652.jpg

こちらは都内美術系の大学の参加によるアートエリア。
欧米では公園の中にアートがあるのはごく普通のことなので
日本のアーティストも身近なところで展開されるアートに取り組んで欲しいです。

121010651.jpg 121010658.jpg

121010653.jpg 121010654.jpg

帰りは井の頭恩賜公園の中を通り向けて吉祥寺駅まで歩いて帰りました。

121010661.jpg 121010662.jpg

井の頭公園の
121010667.jpg 121010669.jpg



コメント
この記事へのコメント
面白く見させてもらいました
確かにアップルさんの仰るように最近はガーデニングとお洒落雑貨がセットになってますよね(^^;)
まぁ、お庭にやたらと小人が並んでいた頃よりは良いと思われますが(笑)
日本の住宅事情だと
お庭を思う存分植物や構造物だけで
自分の作りたい世界観を表現するのが
面積的に難しいので
どうしても雑貨に頼らざるを得ないのでしょうね
ハーネスつけたワンちゃん、ワンパクっぽいですね~(^m^ )
最後の帰り道の画像、もしかして一緒に歩いた道付近かしら?
2012/10/23(Tue) 21:00 | URL  | alchemilla #-[ 編集]
そうそう
小人が並んでいたお家ありましたね。
さすがに最近はこびとは見なくなったけれど
塀の上にまだ天使は並んでいるな〜〜

このワンコはぱんぱんに元気が詰まっているってかんじでかわいかったの。

あの時の帰り道は何処を通ったかまるで覚えてないのよね。
たしかミキミキさんのお家に寄ったから
吉祥寺の住宅街の方に歩いていったんだと思います。
2012/10/24(Wed) 16:08 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
あの時
mikimikiさんと(懐;) ちょこっと公園を横切りましたが、
こんなに全体は広いんですねえ~!
で、エディブルグリーンって 食べようと思えば食べられるって事ですかねっ(笑)
植栽に 少しプリーツレタスなんか混ぜるだけでも 少しニュアンスが変わりますしネ
ウチなんか タラの木がどんどん庭に入り込んできてるし、蕗も雑草のごとく伸びてくるので
まさにエディブルガーデンですわ~~(T_T)

で、お庭の松の木のオブジェ化ですが、
安曇野に 伴さんといって チェーンソウワークのプロがいるので
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ban/purof.htm
幹を長めに残しておいて ちょっとした木のオブジェとか フクロウとか刻んでもらうのも
カッコイイかもしれませんよっ(^^)

一瞬 白柴かと思ったら アップはブルテリアでしたか~♪  笑っちゃう顔してますよね~(^^)
2012/10/26(Fri) 09:58 | URL  | 0-chan #.usTzc9U[ 編集]
かなり無理があるエディブル
この垂直の壁の植栽には、
食べられるものは一つとしてなかったと思うのよね。
あくまでもアイディアとして提案して見たってことでしょうか?
食べられる植栽の庭と言うことならば
里山の家の周りに植えられていた物がとても理にかなった物であるように思えます。
ま〜あ、そんなの都会の庭に持って来れないですけれどね。

チェーンソウワークのプロの仕事は私の庭には一寸見事すぎるでしょう。
庭のアイデアは恣意的に頭に浮かぶのですが
どれも実際の姿イメージするとなんだか自然でない風景になってしまいそうで
どれも自分でだめ押し出しそうです。
自然に育った雑木林が一番欲しいと言うのが本音ですね〜。

私はどうも犬も短毛種が好きみたいです。
ブルテリアはそのままでも漫画になっちゃいそうな
ユーモラスな体型がかわいいですね。
こんなのと暮らしたら楽しいだろうな〜
2012/10/28(Sun) 00:46 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。