• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月15日 (月) | 編集 |
さいたま緑の森博物館を歩いてきました。
雑木林や畑など里山の様々な環境が丸ごと博物館の観察園となっています。
昨年やはり秋に来ているのですが台風の倒木のため園内の雑木林部分が通行止めになっていて
里山の部分しか歩けませんでした。
今年も台風でやはり倒木があったとのこと、でも今年は片付けられて入ることが出来ました。

ビジターセンターの建物は屋根に植物が生い茂っています。
観察園の入口はこんな感じ。

121014984.jpg 121014673.jpg

秋の里山の風景はやはりススキがなければ!
周りはミゾソバとツリフネソウに囲まれています。

121014677.jpg 121014983.jpg

さすがに狭山丘陵、何処へ行ってもお茶の木が雑木林の中にも自生しています。

121014682.jpg 121014690.jpg

今日の主役はミゾソバです。
ミゾソバのように小さな花でも群生するとかなりの存在感が出ます。
色も淡いピンクから深紅までありマクロで覗くと見事な造形です。

121014746.jpg 121014937.jpg

シロバナミゾソバも始めて見ました。

121014752.jpg 121014758.jpg

アメリカオニアザミ、ススキ、

121014772 121014792.jpg 121014814.jpg

茶の実、コウヤボウキ

121014799.jpg 121014803.jpg

キツネノマゴ、ユウガギク、ミゾソバ

121014697.jpg 121014698.jpg 121014729.jpg

途中の観察園風景

121014827.jpg 121014837.jpg

ベニバナボロギク、ヒヨドリバナ、アキノノゲシ
121014829.jpg 121014847.jpg 121014859.jpg

121014916.jpg 121014909

121014880.jpg 121014892.jpg 121014898.jpg

121014918.jpg 121014947.jpg

121014958.jpg 121014959.jpg
森の博物館の境界まで来たついでに外の緑地帯も歩いてみることにしました。

121014960.jpg 121014962.jpg

日当たりの良い斜面いっぱいにお茶畑が広がっています。
この気持ちのよいお茶畑の丘には見覚えがあります。
去年”秋の色トトロの森ウオーク”に参加したときに
狭山湖からここまで歩いてきてこの丘のベンチで休んだのです。
別々の機会に歩いていたので近くだと言うことが分かっていたのですが
これで私の中の地図が繋がりました。

121014965.jpg 121014967.jpg

小高い丘から段々畑越しに狭山丘陵を見渡すと
住宅地が押し寄せていますがかろうじて森が点在しているのが分かります。
これ以上開発されませんように。
写真の花はヒメヒマワリ(Helianthus helianthoides)。

121014969.jpg 121014970.jpg

雑木林の道は神社の鳥居の側を通り抜けていきます。
近くには一番新しいトトロの森の看板があり、整備されるのを待っています。

121014972.jpg 121014973.jpg

栗の木林や柚も農家の周りに良く見られます。

121014975.jpg 121014978.jpg

コスモスは中南米原産ですが日本の秋の風景として定着してますね。
こちらは昔からあるシンプルな品種。

121014980.jpg 121014983.jpg

花壇の花ですが野草の雰囲気。

121014981.jpg 121014982.jpg


コメント
この記事へのコメント
10月も半ばになると流石にそちらでも秋っぽい空気ですね
暑さもそろそろ終わりで気持ちの良い季節なのでは?
毎度言ってますが
お茶とか椿とか常緑樹のある風景って本当にあこがれです
ポリゴナムの繁殖力は分かっていましたが
もしかして最後の黄色のお花はメランポジュームでしょうか?
もしかしてコレも野生化してるのですか?(;^^A 
2012/10/28(Sun) 17:22 | URL  | alchemilla #-[ 編集]
ツバキ属
チャノキもツバキもツバキ属で耐寒性はないですね。
かねてからツバキの絵を描きたくて庭にも花木として欲しかったわたしですが
南八の1200メートルラインでの冬越しは無理でしょうね〜。
見たくなったら里の方に降りてくる事になりそうです。
ポリゴナムは道ばたのアスファルトの隙間からでも力強く生えだしているのを度々見かけます。
でもここは実際花壇で最初は形良く色々な花を入れてあったのが
最後に一番強かったメランポジュームが雑草の生い茂るような状態になってしまったようです。
2012/10/29(Mon) 01:07 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
埼玉って
なんか 東京に憧れて街化したところしか情報に入ってこないんですが、
こうして見ると とても素敵な柔らかな自然が多いし、ちゃんとイイ感じで管理してますよネ♪
それに一役買ってるのがトトロってのも なかなかヨイですネ(^^)

で、私もお茶の花が好きで 庭木に欲しかったんですが、諦めたクチです;
椿も微妙に無理かな。。。 ヒメシャラは枯れはしませんが 全然大きくなりません(T_T)
なので 似た感じのオオバオオヤマレンゲで満足しています;
2012/10/29(Mon) 10:35 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
埼玉の自然
埼玉の大部分は平地が多いですから
畑がどんどん住宅地に変わっていってしまって
自然環境を保全することは東京よりもっと難しいところがあります。
東京の方がよほど大きな森や庭園としての緑が保たれています。
中央沿線沿いには魅力的な公園、自然園があるのに比べて
西武沿線はかなりさびしいです。
トトロのふるさと基金の活動はそんな中でがんばっていると思います。

やはり標高の高いところではヒメシャラも期待できないですか(~_~;)
ツバキは寒冷地に強い物もあってヴァージニアでは育てていたのですが
日本ではそう言う品種あるのかしら?
(カメリアも欧米の品種改良は日本とはまた違った方向に進んでいるので園芸品種がかなり違うように感じました。)
2012/10/30(Tue) 00:27 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。