• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月07日 (日) | 編集 |
関東もこの数日風が強く電車まで運転を控えて止まったりしていた。
でも天気は良かったので週末は連チャンで出かけることにしました。

スミレ探しの山歩きで訪れる人がいる高尾山の南陵の様子を見に行くことにしました。
南陵はバスの便も少なくトレイルも長いので今の私には結構きつい場所です。
車で南陵の尾根道の直ぐ下まで付けられる車道があるようなので
来シーズンの為に下見を兼ねてその取り付きの道を探したいと思います。
めざす尾根道への取り付きはとある沢沿いの林道と当たりを付けています。

南陵の登山路はかなり細い尾根道で思ったより開けた場所がありませんでした。
今日は距離を歩いていないのでスミレは少しだけ。
来年もう少し早い気節に期待しましょう。

杉の植林された急斜面、ナガバノスミレサイシン、山椒の実生の苗

130407786.jpg 130407814.jpg 130407850.jpg

チゴユリ、ヒトリシズカ、ニオイタチツボスミレ

130407838.jpg 130407794c.jpg 130407845.jpg

山の中では遮光パネル代わりに使っていた半透明の傘の骨が折れるし、
木が折れて倒れるのも目撃してしまいました。こわ〜〜

林道途中にある懐石料理で有名な”うかい鳥山”の様子です。
いつか炭火焼きの焼き鳥たべに来たいな〜

130407870.jpg 130407872.jpg
午後は二日目に来た木下沢にもう一度行ってみました。
晴天が続いているので満開だったスミレたちはもう随分痛み始めていました。
スミレの季節はあっという間に過ぎていきますね。

130407885.jpg 130407905.jpg

ニオイタチツボスミレ、エイザンスミレ、木下沢の流れ

130407876.jpg 130407907.jpg 130407893.jpg

タチツボスミレ、マルバスミレ

130407890.jpg 130407898.jpg

花の残っているところだけ歩いて早めに引き上げました。


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/29(Wed) 23:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。