• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年03月23日 (日) | 編集 |

以前から行ってみたいと思っていた植物学者の牧野富太郎博士の庭園だった場所を訪ねました。
大泉学園の駅から5分ほど歩いた住宅地の中に牧野庭園記念館はあります。
牧野富太郎博士の住居だった庭園を記念館として練馬区が管理していますが
誰でも自由に入って植物や展示物を見ることが出来ます。
入口には”オオカンザクラ”の大木が。
ちょうど満開でソメイヨシノよりも濃い桜色で大ぶりな花が見事でした。

140323402.jpg 140323404.jpg

140323403.jpg 140323443.jpg 140323401.jpg

牧野富太郎博士は、土佐国(現高知県)生まれ。
19才で上京し、東京帝国大学の助手・講師を勤め、
明治22年(1889年)日本人として初めてヤマトグサに学名を与えました。
1,000種の新種、1,500種の新変種を命名し、40万点の標本を採集しました。
著書に『牧野日本植物図鑑』など多数あります。
庭園には、約300種類の草木類が植栽されており、植物学的にも珍しいものが植栽されているそうです。
記念館では常設展の他に定期的に植物にまつわる企画展も催されています。
3月は”牧野富太郎に憧れた植物画家 太田洋愛 ”が開かれていました。

140323423.jpg 140323424.jpg
牧野富太郎氏が亡くなったのが1957年でその後直ぐに記念館にすることに決まり
庭園の植栽はそのまま管理されて今に至っています。

140323428.jpg

50年以上前に整った庭だったのですから木々は大きく成長して
個人の庭にあるとは思えないような大木が幾つも存在しています。
ヤマザクラ、ユリノキ、サイカチ、コナラ、ミズキ、クスノキなどなど
夏には鬱蒼と茂り濃い緑の影を落とすことでしょう。

140323405.jpg 140323407.jpg 140323420.jpg

植物学者牧野富太郎博士(1862-1957)の胸像です。
牧野さんの同定した植物は1500種にも及びますがこの笹はその一つ
奥さんの名前に因んで付けられた”スエコザサ”です。

140323406.jpg 140323408.jpg 140323414.jpg



ヒロハアマナが植栽されていました。
公園の花壇に野草が植えられているとなんだか不自然なのですが
こういうお庭に咲いていると馴染んで見えます。

140323411.jpg

アマナの群生は一昨年見ています。
アマナによく似ていますが、葉の中央の白い筋が同定の目印です。
花は白色でアマナと変わりませんが、花茎には3個の苞があることがアマナとの違いです。
アマナに比べるとはるかに少ない種ですが、
武蔵野の雑木林下は自然の状態でたまにこの花が残っているようです。
わたしも偶然公園の藪の中で数株見かけました。
こんなに大きな株が群生しているのに再会できて嬉しいですね。

140323439.jpg 140323440.jpg

ユキワリイチゲは分布が本州(近畿地方以西)、四国、九州で
ふつう関東では見られない花です。
イチリンソウやキクザキイチゲのなかまですが早く開花するようです。
斑入りの変わった葉で直ぐそれと分かります。

140323416.jpg 140323418.jpg

外からの庭園の眺めもいいです。

140323444.jpg 140323445.jpg
140323446.jpg


高知県立牧野植物園には世界中から植物学にかかわる人達の来訪があるようです。
こちらも是非訪ねたい場所です。
三月末にいがりさんの講演会があるとのこと。
う〜ん魅力的だな〜。


コメント
この記事へのコメント
ササに
妻の名前付けるのって よほど丈夫な奥さんだったんでしょうか^_^;  ちょっと笑ってしまいました;
で、木々がすくすく育ってる植物園っていいですよね~♪
そういう落葉樹あっての可憐な野草ですから そのセットの感じ 大好きです。
そして 山野草って ちんまり咲いてる姿をイメージしがちですが 
こういう ごそっとカタマリで咲いてる姿 いいですワ(^^)
2014/03/25(Tue) 06:30 | URL  | 0-chan #KFksWQzc[ 編集]
スプエフェは
林床にワ~ッと一時咲き乱れてサッと気配を消してしまう・・・って言うのが私の理想の姿です。
それをお庭で再現したいけれど林床の環境を整えられないから
いつまでたってもできないのよね~(^^;)
素敵なお庭ですね。庭木も大木になって立派です。
それにしてももう桜がこんなに咲いているんですね。
毎日這いつくばるように地面を見てるので
一気に視線を上にグイッと向けられたここちです(笑)
2014/03/25(Tue) 16:55 | URL  | alchemilla #-[ 編集]
O-chan
野草をいれている庭や公園で野草に勢いがないのは
環境や土壌を考えてやっていないのではないかと思うのです。
適所に植えてやれば自然に群生する物は結構多いと思います。
平たい場所を区切って標本花壇のように植えているところでは
たいてい何かが消えてしまっていますよね。
2014/03/26(Wed) 03:08 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
alchemillaさん
私も明るい林床の環境が好きなのですが
個人の庭ではなかなか難しいですよね。
試行錯誤と植物の成長を待てば
20年ぐらいはかかるのではないかしらと思っています。
これから木を植えようとしている私は
生きている間には無理だな〜〜。
2014/03/26(Wed) 03:16 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。