• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年10月01日 (月) | 編集 |
10月ともなると空が心なしか高く見えて来ます。
鳥も蝶も渡りをするもの達はもう動き始めていますよね~。

秋の渡りは今年生まれの雛たちが迎える最大の試練です。
無事越冬地にたどり着いてもらいたいです。
渡り鳥のお話と言えば思い出すのが
ファンタジーの名作、ポールギャリコのスノーグースと
キビタキ船長のお話。

キビタキ船長のお話は実話で
小さい時に聞いたような気もするのですが忘れていました。
数年前に友人のサイトで読み直して感動しました。

千人を超える犠牲者を出した洞爺丸台風の惨事が起きたのと同じ台風の時のお話です。
夏を北海道で過ごしたキビタキ達が津軽海峡を南下していた時この台風に巻き込まれました。
青森のイカ釣り船団も台風を避けて下北半島に帰港する途中でした。
その中の田畑船長の船にキビタキ達が避難して来たの見つけて
田端船長は危険を覚悟で集魚灯をつけキビタキ達を無事陸地まで誘導してやったのです。
以来彼はキビタキ船長と呼ばれるようになったということです。

キビタキ船長その後の話も見つけました。


コメント
この記事へのコメント
キビタキ船長って。。。
その語感だけ聞くと、犬のおまわりさんみたいな、
キビタキが船長の童話みたいなのを思い浮かべました^_^;
そういう実話があったとは 全然知りませんでした。
「とりぱん3」のつぐみん2006の話も、
そういうイメージが作者にあったのかもしれませんね~(^・^)
(そろそろ4が出るらしいですよ~笑;)byアマゾン情報~
2007/10/06(Sat) 09:43 | URL  | 0-chan #-[ 編集]
O-chanさん
鷲鷹とかカモ類の渡りは見たことがありますが、
小鳥たちの渡りは見るのが難しいと思います。
キビタキのような綺麗な小鳥の群を見てみたいものです。
”とりぱん4”私もまちどおしいです。
クマさんが11月に日本に行くのでその時に手に入れます。
2007/10/07(Sun) 21:17 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
偶然ですね~
アップルさんから「キビタキ」にいただいたコメントへのレスで、私も「キビタキ船長」の話に触れたんですよ~
小学校の教科書で読んだように(記憶がかなり曖昧です)思ってたんですが、主人は記憶に全然ないそうなので、図書館で借りた本とかで読んだのかしら?
波間に消えた鳥たちがかわいそうで、泣きじゃくった覚えがあります。
渡りの鳥たちの道中、無事であって欲しいですね。
2007/10/09(Tue) 16:43 | URL  | ruby's paw #-[ 編集]
Ruby's pawさん 
私は子どもの時に何処で聞いたのかしら?
再び可憐な小鳥たちの強さに感激したのは
数年前ネットの中でした。
野性動物たちって当たり前だけれど
どんな小さな者たちもみんな自分の力で生きぬいていくんですよね~ 。
人間て何て甘やかされているんだろうって思います。
2007/10/09(Tue) 22:45 | URL  | アップル #9LpUWCrY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。